省エネ

4D0A0CB7-154F-47CD-8F66-E5A5B6BE44C5.jpeg
演劇って熱量がないとつまらないな…と。
逆に熱量があるだけで、脚本に多少感じることがあっても、それを上回って観てる側は楽しく感じられる。もちろん脚本も最高で熱量もピークなら名作になりますよね。

今って演劇も省エネ化が進んでいるように感じます。まぁ小さなエネルギーで大きく動かすのはエコかもしれません。
が、舞台は省エネでやったら小さな表現にしかならないんですよね。観ていて全然面白くない。脚本もつまらなかったら怒られると思う。

客席まで届く熱量がないと何も面白くない(´・ω・`)
客席を超える熱量はちゃんと映像でも伝わる
昔の小劇場は熱量が芝居の原動力みたいなところがあって、それを今の人は暑苦しいと感じるかもしれないけど、やっぱり面白いと思う。
世代的な問題と言われればまぁそれまでだけど。

省エネって地球には優しいけど、演劇には優しくない。と思うのですよ。

この記事へのコメント