出来ないことが悔しくて仕方ない

生きた言葉ってのは役の人生が見える言葉って事なんですかね(´・ω・`)役を与えられた時に役の年齢や生い立ち、どういった経緯でこの台本に登場しているのかを考えます。それから他の役との関係性や、どういった経緯で知り合ったか、普段どのような距離感なのか… 台本から拾える情報から可能な限り考えていきます。 でも台詞を言う時にその人生が乗ってこない(´・ω・`;)それっぽく見えるだけ… これが悔しくて悔しくて…( ゚皿゚)キ─︎─︎ッ!! 今度の役ももっともっともっと考えなきゃ、台詞に彼女の人生が乗らない!常日頃から彼女の人生を生きるようにしなければ… あーーーーー!もう!絶対次の稽古までに新しい提示が出来るようにする!出来ないことが悔しくて仕方ない! そんなお話(´・ω・`)

続きを読む

役を生きる

メソッド演技って一般的に知られてるのかな…?「役柄の内面に注目し、感情を追体験することなどによって、より自然でリアリステックな演技・表現を行うことに特徴がある。」(Wikipediaより) 感覚の再現…って言い方をすることもある演技法です。 この演技法は実は賛否あるようですが、山口は過去に結構メソッド演技を習ってたので馴染みがある方法です。 勿論メソッド演技法でにも欠点はあります。人間は全ての体験が出来るわけでは無いので…。自分が体験したことがない…例えば動物、宇宙人、人でも未来人や過去の偉人になっなことはない…はずです(笑)だから感覚や台詞を受けた時の感じ方から自分の中の近い感覚を引っ張ったり、仮体験するのです。もし役者が芝居の中で生きているのなら、毎回同じ台詞でも受ける感覚も、放つ言葉も変わるはずなのです…(´・ω・`)難しい…山口は未熟が故に中々この域まで到達出来ない…猛省を込めて。役を生きよう。

続きを読む

axes

買ってから結構日が経ってるけど…axesのお洋服を買いました(≧∇≦)やっぱり可愛い!可愛すぎて…あっ…すみませんって気持ちになる(笑) まぁ似合えば良いとは思います(´・ω・`;)似合ってるか分からないけど…あずみさんとゆーゆさんには凄く似合うと言って貰えたので、取り敢えず良かったε-(´∀`*)ホッ お洋服は好きなのですが、あまり流行を追うタイプではないんですよね。流行りの物はどこかしら1点取り入れてもいいと思うけど、周りと同じって言うのがあまり好きではなくて…←天邪鬼 そもそもその他大勢になりたくない(´∀`*)これはなんでも。役者がその他大勢で満足する訳がないんですから(笑) その他大勢にならない為には努力するしかない。セルフプロデュースも役者の立派な仕事だと思います。苦手ですが…(´・ω・`) 役者って結構見た目に気を使わない人多いんですよね(笑)まぁそこから脱却の意味も込めてのお洋服購入です! まぁ…量産型の服着ても垢抜けた人は垢抜けてるので…そこもまた努力…!!

続きを読む